独学で宅地建物取引主任者資格を目指す勉強法 その1

独学で宅地建物取引主任者資格を目指す勉強法 その1

宅地建物取引主任者は、人気のある国家資格の一つとしていつも上位にランキングされる資格のひとつであるといえます。人気のある理由は、不動産業を営む会社や支店において五人に一人は所持しておかなければならない資格ですし、不動産取引の中で宅建免許を持っていないと出来ない業務があるからです。また、宅建の資格は不動産業だけではなく金融や保険関係の会社でもある程度評価される資格だと言えるからではないでしょうか。仕事をしながら独学で、そんな人気のある資格に挑戦するのは無理だと尻込みする人もいらっしゃるようですが、そんなことはありません。学習計画をしっかり立てた勉強法を行い、努力する方向を間違えなければ必ず努力が報われる資格であるといえます。まずは、書店でご自身が気に入る参考書とそれに対応する過去問題集を購入して下さい。大まかに民法、宅建業法、その他の法令の三分野に分かれていると思いますがまずは宅建業法から始めましょう。

千葉市内の英会話サイト

税理士 台東区 東京

大阪市賃貸物件に関するご案内

GOEMON

新潟で新築一戸建て住宅を探すなら